【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.16』
2017年6月30日(金)〜7月1日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/アナログスイッチ/ストリーキング計画/笑の内閣
【予約】6月3日(土)よりこちらから

【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.17』
2017年7月28日(金)〜7月29日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/壱劇屋/小西耕一 ひとり芝居/日本のラジオ
【予約】6月30(金)より

【脚本提供】
ホットポットクッキングPresents『榊原さんは永遠に憂鬱なのかもしれない』
2017年7月26日(水)〜8月2日(水)@中野MOMO
【予約】こちら から

2016年08月11日

ナイゲン(2016年版)について

feblabo×新宿シアター・ミラクルの『ナイゲン(2016年版)』が今日から始まります。

■上演によせて
会議は、まだ(当分のあいだ)終わらないようです
この度、拙作『ナイゲン』が、新宿シアター・ミラクルのレパートリー演目として上演されることになりました。
本作は千葉県立国府台高校の文化祭前の会議をモデルにしたコメディで、いくつもの団体で上演されてきた、アガリスクエンターテイメントの代表作です。
今回は劇場の企画としての上演で、支配人の池田さん曰く「(自分がいる間は)コケなきゃ毎年続けるよ」とのことです。

しばしば、ブロードウェイとかヨーロッパの劇場みたいなロングラン公演ができたら、と囁かれている小劇場演劇シーン。「あそこに行けばいつでもやっている」「人気のある限り続く」なんていう、本場のほんまもんのロングランを実現するのは難しいかもしれないけれど、こういう形で、せめて夏の風物詩に、年中行事になってくれれば。「ミラクルは夏になればナイゲンやってるよ」「おっ、今年のナイゲンはこのメンツか」と言われる企画になってくれば。ちょっと素敵な試みではないでしょうか。
実は”ウェルメイド”とは程遠い、癖が強くて、役者に依存する本作ですが、これから様々な俳優・スタッフ・お客様に愛してもらえたら幸いです。

そして、この文章をご覧の皆様。
今までに 5団体、8公演、60ステージ以上上演されてる人気演目です。面白さは保証します。
この素敵な試みの灯を消さないためにも、ぜひこの機会に劇場までお越しくださいませ。
国府台に次ぐナイゲンの聖地、新宿シアター・ミラクルでお待ちしております。
脚本 冨坂友(アガリスクエンターテイメント)


■公演情報
feblabo×シアター・ミラクルプロデュース
「ナイゲン(2016年版)」
2016年8月11日(木・祝)〜22日(月)
@新宿シアター・ミラクル
脚本:冨坂友(アガリスクエンターテイメント)
演出:池田智哉(feblabo)

【あらすじ】
“自主自律”を旨とし、かつては生徒による自治を誇っていたが、今やそんな伝統も失われつつある普通の県立高校、国府台高校。
ある夏の日、唯一残った伝統にして、やたら長いだけの文化祭の為の会議“ナイゲン”は、惰性のままにその日程を終わろうとしていた。
しかし、終了間際に一つの報せが飛び込む。
「今年は、1クラスだけ、文化祭での発表が出来なくなります」
それを機に会議は性格を変え始める。
――どこのクラスを落とすのか。
かくして、会議に不慣れな高校生達の泥仕合がはじまった…!

【会場】
新宿シアター・ミラクル

【日程】
2016年8月
11日(木・祝)19:00 
12日(金)20:00 
13日(土)14:00 /19:00 
14日(日)14:00 
15日(月)19:00 
16日(火)(休演日)
17日(水)20:00 ★
18日(木)20:00 ★
19日(金)20:00
20日(土)14:00 /19:00
21日(日)14:00 /19:00
22日(月)15:00 /20:00
※受付開始・開場は開演の30分前。
:初日割引回、:前半割引回、★:アフターイベント回
※★17日はオールキャスト(予定)による、ホームルーム。議題は「ナイゲン反省会」(20分程度)
※★18日は脚本・冨坂友×演出・池田智哉によるアフタートーク(20分程度)

【キャスト】
石井智子
伊藤圭太
大野ユウジ(青春事情)
加藤海帆
河村慎也
セキサヤハ
袖山駿
田邉美保
土橋美月
富田庸平(キリンバズウカ)
二宮咲
藤哲平
山田健人

【スタッフ】
舞台監督・舞台美術:奥谷崎智生
音響:DX乙女(でらおと)
演出助手:ちゃづけ・加藤海帆
舞台写真:奥山郁
当日運営:シアター・ミラクルスタッフ
企画・製作:feblabo
プロデューサー:池田智哉(feblabo)

【チケット】
前売・当日:3300円
初日割引:2000円(11日19時のみ・当日可)
前半割引:2500円(12日〜15日までの公演・当日可)
学生割引:2000円(要学生証提示・当日可)
高校生割引:1000円(要学生証提示・当日可)

【ご予約】
ご予約はこちらから!⇒チケット予約フォーム

【お問合せ】
090-8560-3381(池田)
feblabo@gmail.com


posted by 冨坂 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

8/1『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』稽古と『シン・ゴジラ』

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』の稽古。
変更点を洗い出すことも大事だけど、とりあえず細かくチェックして普通に上演できるようにしちゃおうぜ。というコンセプトで頭から返しながら稽古。結果、新しいネタが増えた。
相当でっかい変更以外は純に返し稽古やってきゃ自然と出るのかも、この作品とこの座組なら。

そして『笑の太字』の執筆もしている。
昨日書いた「思想犯じゃん」なシーンを並べ替えたり、いろいろ整形して台本になってきた。沢山書かなきゃいけないシーンで全然進まなかったり、短くまとめたいところで沢山書きたくなっちゃたり。
とりあえず書きすぎてから圧縮を目指す。

にしても、『ナイゲン』におけるどさまわりの終盤の独演会状態のところみたいな、「何言ってんだこいつ…」的やばい台詞、あとは演説っぽい台詞書くの好きだなぁと再発見。
漫才みたいな短いやり取りも好きなんだけど、別の快感がある。

ボーっとしてる時間帯に思い切って『シン・ゴジラ』を見に行く。
超おもしろかった。
基本、「挙国一致」とか「国のために」って聞くとゲーッてなっちゃう自分ですが、自然と「頑張ろう日本」って思えた瞬間が過去に二回ある。一度目は震災直後にロードサービスの電話のバイトしてて被災地にガソリン運ぶ車を手配したとき。二度目はシン・ゴジラを観てるとき。
トップをねらえ、ふしぎの海のナディア、エヴァシリーズ、(アニメ版彼氏彼女の事情)、くらいしか見てないけど、庵野作品の中で一番面白かった。ダントツで。

働きマン第一話読み終わった瞬間と同じかそれ以上に「仕事しよ…」ってなる映画。
前述の“沢山書きたくなる”はこれを見た後だからかも。
posted by 冨坂 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

7/31 執筆したり『わが家〜』DVD編集立ち会ったり稽古したり

前回の稽古から今日(もう日付変わって8/1だけど今日とする)までの間にブログの更新を怠った。失態じゃ。

『笑の太字』執筆中で、稽古中です。ずっとお預けを食らっている間に、ポケモンGOとシン・ゴジラが神格化されてるよ。ポケモンなんて最初はやるかどうかすら迷ってたのにな。
前回の稽古で「僕というモンスターを生み出したのは、先生、あなたです」「(こいつは俺が引導を渡してやらないと…)」という二つのキーが生まれた、と書きましたが、今回はもう、なんでしょうね。
Twitterでも書きましたが、
『笑の太字』、モチーフにした某有名二人芝居みたいな衝突・葛藤をこの題材に盛り込もうとすると、登場人物がどんどん思想犯になっていくなぁ。ナイゲンのどさまわりといい、なんかこうなっちゃう。メインキャラが等身大で共感できるやつじゃなくなる率が高い

まだまだ不定形だけど『笑の太字』がすごいとこに行きそうな気がしてる。名前もアレだし尺も45分なんだけど、ウケ狙いでパロディやってみたとかじゃないんだ。いやウケも狙ってるしパロディでもあるんだけど。そのまんま創作論とか著作権とか「作品は誰のもの?」って芸術論にタッチする喜劇

『笑の太字』今日は数ページの間に「ニコニコ動画」「違法アップロード」「見逃し配信」「君となら」「メタリカ(ラーズ=ウルリッヒ)とNapster」「バンクシー」「高校演劇の決勝に送り込む」「自爆テロ」が出てくるところを稽古してみました。稽古中に増えたり削られたりしつつ。

『笑の太字』一つの会場で長い尺使って一緒になって考えないと伝えられない物語…という、演劇ならではの物語であり見世物です。そのくらい厄介な問題。でもちゃんとコメディ。それは「小難しいことを言うことで笑いをとる」っていうメソッドとイメージがあってこそなんです。ぜひ会場で。

って感じっす。
『ナイゲン』が自治の話であり、どさまわりの信仰の話であり、継承の話だったりするのと同じように、ちゃんとコメディコメディしたまま遠く深く伸びていく話になりそう、というかなりつつあるのです。
今日は、「タイムライン上に並んでない台詞」「あり得るかもしれない台詞」「台詞にもなってない思想の過剰書き」をひたすら書きなぐった台本(普通それを台本とは呼ばない)を稽古場に持って行って、それをカンペにしながら議論してもらって採用不採用を決める、という執筆なのか稽古なのかよくわからないことをしたのですが、うん、文量として少ないにしろ、だいぶこの話の燃料が行きわたってきたというか、軌道が見えてきた感じ。

P_20160731_134745.jpg
そして、その稽古の前には天才ディレクター細居大輔氏のもとに行き、5月にやった『わが家の最終的解決』のDVD版映像の編集の立ち会い。あれが2か月半前とは到底思えないですねぇ…。
編集が最高すぎてそんなに注文つけるところがないので、「ほーっ」て映像見ながら思ったけど、なんというか、深夜に書いたラブレターみたいな熱量とロマンティックが過積載された公演ですね。
早速、脚本レベル・演技レベルで直したいところは沢山見つかっちゃったのだけど、そして最近書いてる作品がドライでロジカルでどこまで思索を深めるかみたいな台本だからか、特に照れてしまったのだけど、でも同時に「芝居ってこのエネルギーだよなぁ…」とも思ってしまった。
詳しくは2,3日後にオーディオコメンタリーを録るので、それからちゃんと考えよう、書こう。

そして、もう時系列が逆だからいっそ逆に書くけど、キングオブコント2016の予選1回戦で、アガリスクエンターテイメントは敗退!二回戦に進めませんでした!残念!
個人的には色んな執筆の関係で稽古も行けなかったし、本番当日も淺越からの貰い風邪疑惑の体調不良で見に行けず。台本を直して手渡したのに完全に丸投げのままだったのが申し訳ないところ。

書くべきことが山ほどあるような、何もないような、それは眠いだけのような、よくわからない心境ですが、とりあえずセブンイレブンの160円くらいのフロマージュが街を行き交うチーズケーキの中じゃ相当美味いんじゃないか。自分で入れたアイスコーヒーとあれがあれば大抵の喫茶店は用済みなんじゃないか、ということは記しておこうと思います。

追伸!
7月終了にともない、『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』での「大貧民割引」は締め切りました。それ目当てにしろそうでないにしろ、本当にたくさんの方の早めのご予約、誠にありがとうございました。
ちなみに、これ以降も事前精算で買ってくれた方には「ありがとうセット」なる非売品(裏パンフレットと缶バッヂ)のプレゼントがあります。迷ってる方はj事前精算で買って頂けるとお互いハッピーです。
また、大貧民割引が終わっても「貧民割引」があります。これは購入する期間も関係なく、事前精算か当日精算(取り置き)かも関係なく、予約さえしてれば誰でも使えます。「貧民です」と言えば500円バックまたは割引です。
なので、ぜひご予約のほど、よろしくお願いします。
東京公演の(C)と(D)の回がお席少なくなってきました。ご希望の方はお早めに。
なんにせよ『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』よろしくお願いします。
コメディと批評性が、コメディとメッセージが、分離しないまま走り抜ける、誰もが笑えて何にも似てない二本立てです。ぜひ!
詳細は こちら  チケットは こちら
posted by 冨坂 at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。